Pocket

今回は前々から気になっていた、こちらの看板が目印のお店にやって来ました。

富士屋商店』さんです。

米沢で良く通る道沿いにあるのですが

なかなか行く機会がなく今回が初訪問となりました。

通り沿いには米沢ラーメンの有名店「熊文」もあります。

店の目の前にはセブンイレブンが新しくできていました。

富士屋』さんは明治初年創業の老舗です。

看板に蔵米と書いているようにお店は蔵になっています。

お米屋さんのおにぎり。

特に老舗のお米屋さんということで、きっと美味しいんだろうなと思いながら

いつも車から見ながら通り過ぎていました。

前はセブンイレブンもなく、車をどこに停めたらよいのかわからなかったのですが

どうやら店の後ろ側に駐車場があるみたいなのです。

たまに警備員さんがいるなとは思っていましたが案内してたんですかね?(汗)


店の横のこちらから車で駐車場に入ります。

後ろの駐車場は意外と広めです。

お店に入ると、お米が並んでいます。

他にも、山形のお米「つや姫」を使った

みたらしつや姫ジェラートも売っているみたいです。

 

こちらで、おにぎりを注文します。

座席もあるのでお店の中でも食べれるみたいですね。

おにぎりは、あまり作り置きがなく

ショーケースにないものは注文するとその場で握ってくれます。

とりあえず、この後「飛行船」でランチをしようと思っていたので軽めに注文します。

というか、ランチ前にお米って・・・(笑)

注文したのは

一番人気のと、めんたいこ親子(鮭といくら)ダブルこんぶ

気になったので塩引ぐんかんも注文しました!

意外と頼んでしまいました・・・。

とりあえず、もらったお茶をいただきながら待ちます。

 

団子もあるようなのですが冬季はお休みしているようです。

2018年は3月10日(土)より販売が始まるようですね。

 

紙袋に入れて渡してくれました。可愛らしいですね。

では、さっそく食べましょう!

 

あ~!!

 

やってもうた!!!

 

おにぎりがビニールの袋に個包装されているのですが

袋に入っているおにぎりを掴んで出そうとしたら

袋だけ取れて倒れてしまいました(泣)

 

とりあえず、ダブルこんぶは無事でした。

どうやら、下側からおにぎりを取り出す形になっているようなのです。

かわさんみたいに初めての人は、

知らずにおにぎりを持ち上げて落とすこともあるかもしれません。

注意しましょう!

 

本当は、こんな形で包装されているんですね。

これは、めんたいこです。

 

親子(鮭といくら)

やっぱりコンビニとは違い

プロが手で握ったおにぎりは空気が入って適度な柔らかさで

食べるとほわっとお米一粒ずつが崩れていきます。

塩分も丁度良い味わいです。

お米一粒一粒の甘さを感じますね。

塩は外側だけでなくて中にも振っているんですかね?

 

そして、これが一番人気のです。

 

これは塩引ぐんかんです。

米沢の郷土料理『塩引寿司』の軍艦バージョンでしょうか?

塩引き鮭自体食べたことなかったので初体験です。

 

なるほど・・・

表現すると鮮度の良い鮭フレークで塩分を濃くした感じですかね?

この表現がよく合っているかは分かりませんが(笑)

 

皆さんも、米沢の老舗米蔵でご当地の郷土料理を食べてみてはいかがですか!

 

さて、かわさん達は「飛行船」へと向かいます・・・(>>つづきはこちら

 

=========================

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!下の画像をポチっと押してください♪
↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村


富士屋商店

営業時間:9:30-18:30
定休日 :日曜・祝日
住所  :山形県米沢市春日3-2-21
電話  :0238-22-4060

星:★★★★☆(4つ)
(かわさんの個人的な感想です。悪しからず・・・)